<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

哲学の道は午後から雨模様になりそうデス。

きょうもすっきりしないお天気になりそうですね。

毎年のこととは言え、この時期の湿気はハンパないです。
もう少しカラっとしてたら、曇りや雨でも過ごしやすいのになー
なんて言ってても仕方ないですよねΨ(・O・)Ψ


7月からメニュー一部更新致します。
パスタや肉料理に新メニューが登場!
また、スイーツにパフェが登場します!

パスタはウナギを使ったのと、ハモを使ったのとか。
先日試食しましたが、おいしーですよーっ!
ご期待クダサイ(^-^)ゞ
[PR]
by cafeterrazza | 2007-06-29 09:13 | 日々の日記

哲学の道も暑くなりそうです。

すでに暑いですよね(/-\)

昨日は夕方から雨が降って・・・また今日は少し良い天気で・・・みたいな感じでしたね。


もうあと数日で6月も終わり。
下半期に入るんですね。
早いですねー。

7月になると、京都の街は祇園祭りで賑わい始めます。
そして祇園祭が終わればいよいよ夏!

月日がたつのはホント早いです (・o・) 
[PR]
by cafeterrazza | 2007-06-27 10:59 | 日々の日記

哲学の道は曇り模様・・・

きょうは曇り空。
雨の合間の曇りと、梅雨らしいと言えば梅雨らしい天気です。

曇りの日はなぜか外国からのお客様が多くいらっしゃるような気がします。
天気との因果関係はよくわかりませんが。


当カフェは外国からのお客様が多いのが特徴のひとつです。
観光シーズンの時期には、店内からテラスまで全て外国の方という日も珍しくありません。
「ここは外国か!?」と見まがいます。
わずかにスタッフの顔を見て、「ああ、そうそう。ここは日本だった」みたいな(^_^)
[PR]
by cafeterrazza | 2007-06-26 10:58 | 日々の日記

哲学の道は、まずまずの天気デス。

夕べは寒いくらいでしたね。
ひさしぶりに寝ている時に寒いと感じました。

梅雨の間は、これくらいの気温がずーーっと続けばいいなあなんて思うんですが。
やっぱりムリですか(>ε<)


ところで。
お客様の嗜好というものは正直なモノでして、
昨日のような少し涼しい時にはカプチーノとかホットカフェラテなどをよくオーダー頂きます。
でも、つい先日の暑かったときなどはやっぱりコールド系のドリンクやビールがよく出ました。

あたりまえなんですけど、オーダーを受ける側としては如実にお客様の求めるものが分かるので、なんか楽しいものです(^O^)
[PR]
by cafeterrazza | 2007-06-25 09:10 | 日々の日記

また雨デス。

せっかくの日曜日なのに雨、デスね。
梅雨なので仕方ないのですが。

雨の日に思いを巡らせていると、そういえば、なぜか雨の日には着物を召されたお客様の来店率が多いような気がします。
どうしてだろ?
単に、「雨の日にお着物は大変なんだろうなあ」って印象が強くインプットされてるってだけなんでしょうか。

閑話休題。

雨の日は、雨音に耳を傾けながら本を読む。
これですよね。
雨の日の、一番贅沢な過ごし方です。

そばには良く冷えたビールと軽いツマミ。
これさえあれば言う事ないです。
で、良い感じにビールがまわってきて、知らない間に眠りに落ちている。

これっ。これデスよ。
[PR]
by cafeterrazza | 2007-06-24 06:47 | 日々の日記

今日はピーカン

1日たてば、昨日がウソのような晴れ模様。

めちゃくちゃ暑いです。

土曜日で、ピーカンで、哲学の道はお散歩や観光の方々でにぎわってきました。

雨の哲学の道もいいですけど、晴れ晴れとした天気の哲学の道も良いですね。

けっきょくどっちも良いんじゃんってハナシなんですけど(^_^)



ちょっと暑いですけど、だからこそテラスでビールなんて最高ですね、今日は。

こんな日には軽い口当たりの「ヒューガルデン・ホワイト」やライムをしぼった「コロナ」がオススメです!

アテはモモとミントとプロシュートをつかったサラダ?
それとも生ハムをまいたグリッシーニ?
[PR]
by cafeterrazza | 2007-06-23 11:51 | 日々の日記

雨ですね。

雨ですね。

梅雨入りしてからしばらく降ってなかったんですけど。


雨の哲学の道は、素敵です。

いつもより緑が濃い。

山の方を見ると霧が立ちこめてまるで墨絵を見ているよう。

天気の良い哲学の道もお薦めですけど、

でも、この小径のある種親密なささやかさを感じることができるのは

今日みたいな雨の日のような気がします。


ほんとに良いんですから。

カフェから哲学の道に降る雨を眺めるなんてのも素敵じゃないですか(^_^)
[PR]
by cafeterrazza | 2007-06-22 18:00 | 日々の日記

ホタル、終了?

ホタルが飛び出してから、おかげさまでディナータイムにお客様によくご来店頂いております。
誠に有り難うございます。

でも・・・・そろそろホタルの時期も終わりに近づいてきたのかな?って感じはします。
お客様の、「1匹しか見れなかった」というようなお話もよく伺うようになりました。

夜の哲学の道をたくさんの方がそぞろ歩く風景はなかなか情緒があっていいのですが、そろそろこの光景も見れなくなるのかなと少し残念です。

でもね。
確かに蛍は少なくなりましたが、夜の哲学の道は実はなかなか素敵ですよ。
そぞろ歩くのも良いし、しっぽりカップルでしけ込むのも雰囲気あって良い感じです。

そぞろ歩いて、ちょっとほっこりしたいな、なんて時には、ぜひぜひ当カフェへどうぞ。
って、なんか結局最後は営業ブログになってしまうのですが(^_^)
[PR]
by cafeterrazza | 2007-06-21 19:11 | 自然

お散歩と観光と哲学の道と、北欧のジャズ

a0088848_10124468.jpg


最近、当カフェでは北欧のジャズがよく流れています。

ジャンルや地域や血液型って十把一からげには出来ないものです。
とは言うものの、でもやっぱり聴いた時の印象というのはどこか共通する点も多く、例えば北欧のジャズの場合、黒人のような泥臭さや危うさよりも、「透明感」のようなものを強く感じることが出来ます。

ところで、この「透明感」というのは、シチュエーションによっては「さみしさ」を感じたりします。
だから、冬に寒々とした哲学の道のカフェで流す音楽としてどうかなと思って、あまりかけていませんでした。

でも、いまの時期くらいの、徐々に暑くなっていく季節には良い清涼剤になるかなって思っています。
最近はランチタイムによく「Lars Jansson Trio」の『Hope』ってのをよくかけています。

暑い最中のお散歩や観光の途中ふっと入ったカフェでのひと時。
そんな時に、ほんのちょっとでもほっこり出来るひとつの要素になればいいかなって感じで。
[PR]
by cafeterrazza | 2007-06-13 10:13 | music

当カフェは法然院さんとご近所なのデス。 

当カフェは法然院さんの近くにあります。
ということで、いきなり観光案内「法然院編」デス。

まずは概要から。
建立は鎌倉時代。
法然が弟子たちと共に修行した草庵に由来するそうです。
江戸時代になって知恩院さんの偉い人「万無」が、法然ゆかりの地に念仏道場を建てることを発願して、それが今回ご紹介する「法然院」となったとか。

場所は哲学の道の1本山側の道沿いにあり、銀閣寺から南禅寺の方向へおよそ15分くらい・・・。

a0088848_159679.jpg

こちらはアプローチ。
幅広の石段に木漏れ日が落ちています。
a0088848_1594017.jpg



左に90度曲がると、石段の向うに山門が。
a0088848_20394.jpg

石段の灰色と高い木々の幹の茶色、葉の緑。そこに木漏れ日が挿す様が美しいです。
a0088848_212739.jpg



こちらが山門。茅葺きでシブめ。
派手さはないけれど、周囲の風景とぴったりあっています。
a0088848_25018.jpg



山門をくぐると砂を盛った造形物が。
a0088848_261356.jpg

お茶菓子のようなカタチの砂の造形物は白砂壇(びゃくさだん)と言うそうです。
「水を表わす砂壇の間を通ることは、心身を清めて浄域に入ることを意味している。」
(法然院さんの公式HPより抜粋)


石段を下りて白砂壇の間を歩く。
山門の方を振り返るとこんな感じ。
a0088848_274015.jpg

白砂壇と山門の組み合わせが良い絵になってます。



本堂の方に向かう道には紫陽花が咲いてました。
a0088848_16585636.jpg



経堂から本堂の屋根を見る。
a0088848_16593564.jpg



講堂ではよく展覧会や作品展をされています。
a0088848_1702220.jpg



境内は無料で散策できます。
よく手入れがされている境内は哲学の道の側、山の麓という立地もあって、お散歩するととても気持がいいです。

なんかいわゆる「癒し」とは違って、背筋をしゃんとさせてくれて精神をリニューアルしてくれるような、そんな「癒し」を得ることが出来る、そんな場所ですので哲学の道におこしの際にはぜひ足を伸ばされてはいかがでしょうか。

そして、ついでにもしよろしければ・・・いえ、あくまで「もしよろしければー」ですが(^_^)、当カフェでお茶でまったり、なんていかがでしょうか。

★Map
[PR]
by cafeterrazza | 2007-06-12 02:55 | 観光