soul jazz +cafe jazzなスウェーデンのジャズ

a0088848_232932.jpg


当カフェではスウェーデンのジャズを最近よくかけてます。

中でも特に耳あたりが良いのが、写真のKarl Olandersson(カール・オランドソン)『I Like The Way You Shake That Thing』。
ルー・ドナルドソンやコートニー・パインっぽいsoul jazzと、カフェに実に相応しい柔らかな歌モノが1枚に入った、とても心地良いアルバムです。

特に歌モノが良いんです。
トランペット奏者で歌もこなすと言えば古くはチェット・ベイカーですが、このカール・オランドソンのヴォーカルもハスキーで憂いがあってすばらしく良いです。
ちょっとなんだかほっこりする曲調と相まって、ほんとお茶でもしながらボーっと聴くのに良い感じなんですよ。

で、また、ゲスト・女性ヴォーカリストのミラという人の歌声が最高。
憂いと軟らかさを含んだ優しい歌声は心が洗われていくようです。

「marry me,marry me」なんて色気漂う声で歌う『It's Only Time』っていう、なんだかすごい曲も入ってるこのアルバムは本当にオススメです
^ ^
[PR]
by cafeterrazza | 2007-07-19 23:40 | music
<< 哲学の道界隈は観光客がすこしづ... 哲学の道の、仲良し2匹 >>